体験

約10年使った電気ストーブついに壊れる



先日、いつものようにデスク脇で電気ストーブを使っていたら一瞬ピカっと明るく光ったような気がしたので、

もしやと思ってパッとストーブを見ると、、

なんとヒーター管が真っ二つに折れていました

IMG_20200213_120249

すぐ消したので火は出ませんでしたが、無人だったら危なかったかもしれません


狭い場所で使っており、年に一度は(電源オフ時に)うっかり倒していたので…

もしかしたら倒れた衝撃でヒビが入っていたか、寿命のどちらかですね。


小型のカーボンヒーターですがスイッチを入れるとすぐに熱くなり、

大きさ的にも寒い足元に置くにはちょうどよく、

IMG_20200213_115911_1

ストーブにしてはデザインもおしゃれで首振り機能やマイナスイオン発生装置まであって気に入っていたんですが。

でもまあ10年は使ったので充分、役目は果たしてくれました


しかし今年は暖冬とはいえまだ2月。。

やはり朝晩は冷え込むのでデスクの足元は寒い


とりあえず今度は倒す危険性のあるストーブの代わりに、パネルヒーターかデスクヒーターを設置してみようかな。






スポンサーリンク

ふとん専用クリーナーで初めて掃除した結果



花粉の時期になると、就寝中もくしゃみや鼻水に悩まされる方も多いのではないでしょうか。

もちろんそれは花粉だけでなく、ハウスダストや布団に潜むダニも原因だと言われていますよね。


私はベランダでの布団干し禁止のマンション住まい

これまで布団乾燥機を使ったり、100均の布団ノズルを掃除機に取り付けてゴミを吸っていましたが、やはり物足りなさを感じていました。


そこで半年くらい悩んだ末、ついに布団専用掃除機の購入に踏み切ることに

選択したのは、ネットや書籍で高評価だったアイリスオーヤマ製。

IMG_20200204_132420
※型落ちモデルですが、アマゾンのタイムセールが最安でした


レビューを参考に、手入れが楽になるという使い捨てフィルターも購入。

IMG_20200204_132835
※フィルターは配送料無料のヨドバシ・ドット・コムで調達
※最新モデルには最初から付属しているようです


まずは集塵フィルターに使い捨てフィルターをセットし…

IMG_20200204_133432

スイッチオン!


イルミネーション
※イルミネーションが赤から緑に変わればキレイになったサイン


そして寝具の両面を無心でかけ続けた結果…

フィルターは購入者レビューの写真で見た通りかなり真っ白に

IMG_20200204_142223
※汚くてスミマセン

見やすいようわざと床に直置きしましたが、白い粉みたいなのはダニの死骸とかですかね


細かな振動で布団内部のチリやダニをたたき出して吸い込むという性質上、大きなゴミは吸えませんが、、

コロコロや普通の掃除機でとれなかった微細なハウスダストはしっかり捕獲できた模様です。


特に敷布団はイルミネーションがなかなか赤から緑に変わりませんでした(笑)

ちなみに掃除機の音はそれなりにするので、集合住宅なら夜間は控えたほうが無難かもしれません


その日の晩、クリーナーをかけた安心感もあっていつもよりぐっすり眠れました

使用感・満足度は人それぞれですが、私は買ってよかったと思っています



アイリスオーヤマ 超吸引 布団クリーナー ダニ・ちりセンサー搭載 たたき 約6000回/分 シャンパンゴールド KIC-FAC2





スポンサーリンク

実家で見つけたロッテの80年代懸賞品チョコロボ



実家の倉庫で見つけた昭和レトロなふとん乾燥機スロークッカーに引き続き、

祖母の部屋でもこんなものを発見しました。 


それは、おそらく1980年代のロッテの懸賞品だったと思われる…

IMG_20200113_143448

動くロボット型ラジオ「チョコロボ」

(古いものなので、持ち上げた瞬間に左手が取れてしまいました。。)


これを初めて見た時まだ小さかった私も、なんとな~く覚えています。

祖母の部屋からもう何十年も前に処分したと思っていたものが出てくると、昭和にタイムスリップしたような感覚になりますね


このロボット型ラジオ、確かラジオの音声に合わせて口をパクパクしたりまばたきしたり、腕や体を動かしたりしたような気がします。

電池を入れて試そうと思ったのですが、単2が2本と四角い電池1個が必要らしい。

IMG_20200113_143810

でも四角い電池ってまず使わないし、わざわざ買ってきて動かなかったら無駄

というわけで検索してみたら、すぐに写真や動画が見つかりました。


どうやらトミーから出ていた「シャベロク」シリーズみたいですね。

シャベロク

動いている様子はこちら


↓ 音声付きの動画




懐かしく動画を見ていたら、当時ロボットが嫌いだったことを思い出しました

地元のショッピングセンターでやっていたロボットのイベントで、会場の入り口に動く女性の人型ロボットがあったのですが、、

中に入るとそのロボットの内部が置いてあり、眼だけギョロっとした骸骨が動いているように見えてトラウマになっていたからです


もしかしたらこのラジオも私が怖がったから、祖母が自分の部屋に持っていったのかもしれません。

しかし、景気の良かった時代は懸賞品もこんなに凝っていたんですね。


初めは大掃除で処分するつもりだったのですが、これはもうしばらくとっておこうと思います






スポンサーリンク

実家で見つけた昭和レトロなスロークッカー



前回、実家の物置から未使用の昭和レトロなふとん乾燥機を発見した記事を書きましたが、実は他にもまだいろいろありました。

その中で今でも活躍しそうなのが、未使用の昭和レトロなスロークッカー。
(マルビシスローポットミニ)


スロークッカーは、長時間じっくりコトコト煮込んでコクのある料理を手軽に作れる調理器で、今でも密かに人気のようです。


IMG_20200113_142134

まず外箱からすでにレトロ感満載


中身はもっと時代を感じますね

IMG_20200113_142541

昔はオレンジ系の色が流行ったのだろうか。。


ちなみに鍋の部分は陶器になっていて、本体とくっついています。

IMG_20200113_143102

これ、使用後はどうやって洗うのだろうか。。


もちろん保証書の表記も昭和

IMG_20200113_142710


検索すると同じ写真が出てくるので、わりと出回ったものなのかもしれません。

(おそらく1970~1980年代の商品?)


スロークッカーはじっくり時間をかけて料理するのはもちろん、忙しい人が出勤前に材料を放り込んで帰宅したら出来上がっているという使い方もできます。

長時間煮込むと電気代が心配ですが、付属の説明書によれば一時間わずか2円程度とのこと。


残念ながら今回は通電テストをしている時間がなかったのですが、近々母が使ってみるそうです。

しかし新品とはいえ30年以上もの長期保管品、ちょっと勇気がいりますね


これもたぶん頂き物だと思いますが、なぜ物置にしまい込んだのだろうか







スポンサーリンク

実家で見つけた昭和レトロなふとん乾燥機



ここ数年、長期休暇で実家に帰省したときは少しずつ不用品を処分するようにしています。

実家の家族は基本的にモノを処分できない性格…


コツコツ処分してきたおかげでだいぶ減ってはきたのですが、 まだまだ手付かずの場所があります。

それは車庫の2階にある物置。


これまでも処分する機会はあったのですが、主に管理しているのはモノのない時代に育った祖母でなかなか捨てさせてくれません

しかし、何十年もしまいっぱなしで明らかに使わないものばかりなんです。


このあいだの年末年始に帰省した時も確認しに行ったのですが、棚の中からこんなものを発見しました。

それは昭和レトロなふとん乾燥機。

IMG_20200109_160533

しかも保証書付きの未使用品

IMG_20200109_160701 (1)

もちろんお買上げ日の表記も「昭和」

(ちなみにこの製造会社はもう存在しない模様)

IMG_20200109_160930

昭和・平成を物置で過ごし、令和に開封されるとは思ってもいなかったでしょう。

たぶん頂き物だと思いますが、なぜ使わずに物置にしまったのか…


しかし新品とはいえ、30年以上も前の家電。

火事でも起きないかヒヤヒヤしながらスイッチを入れてみたら、なんと普通に稼働しました


高齢になって布団を干すのが大変なら、ふとん乾燥機を使った方がいいよと言っていた矢先のことだったのですが、、

果たしてこのふとん乾燥機を使って大丈夫なのだろうか







スポンサーリンク