年始は毎年恒例のスキー場…で留守番



お正月も終わり、すでに通常モードに戻った方が大半だと思いますが、年末年始はいかがでしたか?

私は大みそかの火事騒動でドタバタしている間に新年を迎え、疲れもあって実家でゴロゴロ



3日は姉家族が帰省してきて、4日はみんなで毎年恒例のスキー場に行きました

私の実家は雪国なので、車で3~40分圏内にたくさんスキー場があるんです。

ski_jou_mountain


人口の減少でスキー場も少なくなりましたが、姉家族はスキーが大好きで、しかもかなりの腕前。

小学生の姪も都会っ子なのに、小さい時から滑らせているので多分、地元の子より上手い

しかもスキーだけでは物足りなくなったのか、姪は今年からスノーボードにも挑戦していました



そして私は…

休憩場所としても無料解放されているレストランのテーブルで留守番

暖房も入っているしWifiもあるので、待っている間も退屈しません。

cafe_nomad_man


私も子供のころ学校でスキーが必須だったので一応は滑れるんですが、スキーには嫌な思い出しかない…

(正直、雪国だからって好きでもないのにスキーを強要されるのは迷惑でした



それからスキー場に限ったことではありませんが、レジャー施設に行くとびっくりするのが飲食代の高さ!

食堂でワンコインで食べれそうな食事でも、スキー場のレストランで頼むと軽く1200円は超えます

(しかも味はいまいち…)


もちろん、自販機のドリンクもスーパーで売ってる値段の2倍。

しかしレストランの休憩所を使わせてもらってる以上は何か頼まないと悪いので、

一応簡単メニューを頼んで、あとはスーパーで事前に買っておいたおにぎりです

food_konbini_onigiri


そしてスキーで汗をかいた後は、併設されたホテルの温泉に入って帰るのが恒例

泊まらなくても、少額で温泉に入れるのはうれしいですね

ちなみに毎年スキー場の温泉に入ると「ああ今年もまた始まったな」という気持ちになります。



私も数年前はスキーをレンタルして滑りましたが、スキーは何かとお金がかかるしとにかく疲れる

きっと今後も滑ることはないでしょう

…つづく






スポンサーリンク

格安で温泉満喫したいときは湯快リゾートもいいよ☆



今年は異常な暑さでしたが…やっと温泉が楽しめる季節になりましたね

私はそれほど温泉に興味なかったのですが、だいぶ前に両親に誘われて行ったことがきっかけで、温泉が好きになりました。


と言っても、高級旅館でもスパリゾートでもスーパー銭湯でもなく、湯快リゾートや大江戸温泉物語での話です

これらのグループに入っている温泉は、昔は元々高級旅館だったところも多く、今となっては所どころ古臭さを感じますがその分格安で宿泊できるんですよね☆


湯快リゾート


この度たまたま実家の家族のお祝い事が重なったので、10月下旬、全国に散らばる兄弟たちも全員集合して湯快リゾートで一泊してきました。

実は家族全員で宿泊するなんて今回が初めて!

子供も含めた大人数で気兼ねなく行ける湯快リゾートでの家族団らんは、本当に楽しかったです



ところでご存知の方も多いと思いますが、この手の温泉は高級旅館と違い、部屋に入るとすでに人数分の布団が敷かれています。

ちなみに浴衣はロビーにある棚から自分の好きな柄、サイズを選べます。

浴衣


食事も部屋に運ばれるのではなく、レストラン会場での和・洋・中そろったバイキング形式。

つまり仲居さんが出入りしないので、家にいるような感覚でくつろげるんですね。



それに温泉でよく出てくる魚料理が苦手な私でも、自分の好きな料理が好きなだけ食べられるので大満足

湯快リゾートバイキング


もちろん露天風呂を含めた温泉は入り放題、マンガも読み放題、定番の卓球台をはじめ、インターネットもマッサージチェアも無料となっています。

マッサージチェアは大江戸温泉は有料ですが、湯快リゾートは無料で使い放題なのが自分的にはうれしい



これらの無料サービスは各施設によって異なりますが、中にはプールがついているところや演劇やマジックショー、夏に花火が上がるところなど様々です。

その他にもゲームコーナーや麻雀、カラオケルームもあります。


無料施設



ご飯を食べて温泉でさっぱりした後、姉と小学生の姪の3人でゲームコーナーに行ったのですが、広いゲームコーナーは無人…

完全貸し切り状態で、太鼓の達人やエアホッケーなどを楽しむことができました。


温泉のゲームコーナーは機種や景品が少々古いのがお約束ですが、楽しめればそれで良し

その後、姪たちがマンガコーナーにいる間に私は最新のマッサージチェアで全身をモミモミ


普段はバタバタと終わる毎日ですが、この日は心身ともにリラックスできました。

やっぱりたまには日常から離れたところでゆったり過ごすのも大事ですね



湯快リゾートプラン

(※今回まったく写真撮ってないので、湯快リゾートさんから拝借しました。)



格安温泉はだいたい40年以上前(?)に建てられた施設が多く、実際に行くと昭和にタイムスリップしたような感覚になることがあります。

応接セット、部屋の電気のスイッチ&コンセントカバー、エレベーターの押ボタンの形状とか…


でもこれが逆に良いのかもしれない

一応、部屋のトイレは洋式水洗に交換されてますしね。


こういう所に泊まると必ずクレームを書き込む人もいますが、安く温泉を楽しめるんだから多少のことに文句を言っちゃあいけません。

至れり尽くせりのサービスを望むなら、せめて一泊ここの3倍くらいする温泉旅館に行くべきでしょう。


格安で温泉旅行を楽しみたいときは、湯快リゾートで充分かもしれません。

機会があったら今度はまた別の施設に行ってみようと思います






スポンサーリンク
プロフィール

だらだらぱんだ

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 質素な暮らしへ

だらだらぱ​んだのほしい​物リスト