DIY

壁に開けてしまった穴を自分で修理した話



あなたは家の壁に穴を開けてしまったことはありますか?

私は今まで、壁に穴を開けるなんて自分には無縁な話だと思っていたのですが、、

先日ついにやってしまいました

IMG_20191221_151022

その理由も実にバカバカしいもので…

急にお腹が痛くなって、慌ててトイレに入ろうとドアの前で履いていたスリッパを脱ごうとしたらスムーズにいかず、、

前につんのめった瞬間にスリッパが後方に飛び、真後ろの壁に当たったスリッパが壁紙もろとも突き破ったわけです

(っていうか、こんな簡単に穴って開くものなんですね。。)


とりあえず自分で修理する方法を調べたところ、安上がりなのは100均でも売っている穴埋めパテを使った上から壁紙を貼るというやり方でした。

ちょうどダイソーで買い物する予定があったので、さっそく材料を買いにGO!

2019y12m21d_161950386

ちなみにダイソーでは12月23日(月)まで、PayPay払いで700円以上の買い物をすると100円相当戻ってくるキャンペーン中です。


そして買ってきたのがこちら。

IMG_20191221_151607

一応パテで穴を埋めようと思ったのですが、賃貸で壁紙も経年劣化しており、私がいつか退去した後は確実に壁紙を張り替えると思うので…

結局小細工なしに壁紙シールを上から貼るだけにしておきました


ちなみに壁紙シールの種類はこれしかなかったのですが…

IMG_20191221_152618

退去時はどうせバレるのでこれでよしとしておきます。

IMG_20191221_153609

まあ、そんなに目立つ場所じゃなくてよかった…


そして使わなかったパテはせっかくなので、押ピンで開けた壁の穴を隠すことに。

IMG_20191221_154117

↑ このように何度もグサグサ刺して穴だらけだった壁も…

IMG_20191221_155329

↑ なんとかカモフラージュできました


壁に穴なんてそうそう開けるもんじゃありませんが、とりあえず100均商品で修理完了!

ほとんど使わなかった壁紙シールがもったいない感じですが、格安で済んだことを思えばありがたいですね






スポンサーリンク

壊れたファスナーの引き手部分を自分で交換してみた



突然ですが、バッグや財布、衣類を長く使っているとファスナーが壊れたりしませんか?

私も引き手の部分がいつの間にか紛失していたり、ちぎれたりすることがあるのですが、いつも自分で適当に代わりになるものを付けて使っていました。


この間、だいぶ前に登録した「くまポン」というクーポン購入サイトからお詫びの300円クーポン(何のお詫び?)が届き、、

しかも購入金額に関係なく使えるとのことで、何か掘り出し物はないか物色していたら、このジップフィクサーというのを見つけました


IMG_20190419_142603

ちなみに大と小が8個ずつ入って680円(クーポン使用で380円)でした。

こういうの100均にありそうで、なかったんですよね



まずは、いつの間にか紛失したスーツケースのファスナーの引き手として取り付けることに。

IMG_20190419_144240


さっそくU字金具をカバンの金具に通し、引き手にはめようとしたのですが、、

かなり力を入れて奥まで押し込まないとすぐに外れてしまいます


しかし、カバンに取り付けた状態で力技でやるのは意外と難易度が高い

なかなか上手くいかないので、先に金づちではめ込んでから…

IMG_20190419_144412
(穴の部分に金具が見えるくらいまではめ込まないと、すぐに外れる)


ペンチを使ってなんとか無事に装着できました

IMG_20190419_144650

(元の引き手と色は異なりますが…目立たないのでヨシ!)



これまでいらないキーホルダーから外した輪っかを付けていたんですが、これでファスナーの開け閉めも楽になりました

小さいサイズの方は後日、ショルダーバッグとウインドブレーカーに付けるつもりです。


もしファスナーの引き手が壊れたときは、こういった部品で自分で交換してみてはいかがでしょうか?









スポンサーリンク

まだ使える!中古で買ったノートパソコンをSSD換装した話



昨年末メインパソコンが急に激重になり、慌ててSSD換装したという記事を書きましたが、SSDにしてからは快調そのものです。

まず立ち上がり、使用中、電源オフまですべての動作が爆速になりました


SSDとはソリッドステートドライブを略したもので、ハードディスク(HDD)の替わりに取り付ける記憶装置のことです。


パソコンは大抵、OSが古くなった時やハードディスクが寿命を迎えたタイミングで買い替える方が多いと思います。


しかし液晶も明るく映り、キーボードも摩耗していなかったら捨てるのはもったいない場合もありますよね。。

そんな時こそSSDの出番です

computer_ssd


前回初めてSSD換装したパソコンに満足したので、今回は動きがもっさりしてきたサブノートもSSD化することにしました。


ちなみにサブノートはだいぶ前に中古で買ったもので、中古再生パソコン用に提供されるWindows7プロダクトキー付きの正規プログラムが入っていました。

しかも元々のOSはWindowsXPだった模様です


かすかに分かるシールの貼りあとから、たぶん企業にリースされていたものでしょう。

それをさらに自分でWindows10に無償アップグレードして使っているので、すごく長寿命ですよね


今回はサブ機でそんなに容量は必要ないので、120GBにしました。

IMG_20190327_145412

パソコンメーカーは違いますが、SSDは前回と同じメーカーをチョイス。



やり方は割愛しますが、まずはHDDからSSDにフリーソフトでデータをコピーしてクローンを作り…

電源、バッテリーを外してからパソコンの裏ブタを開けてHDDを取り出し…

IMG_20190329_105917


クローン化したSSDを取り付けます。

IMG_20190329_110448


簡単に付けたように見えますが、最初はどこにHDDがあるのかわからず四苦八苦

ネットで調べやっと見つけたら、今度は取り出し方がわからずかなり遠回り


そしてさらにネットで検索した結果、この機種は四隅がゴムで押さえられていることがわかり、ようやく解決。

IMG_20190329_110046

ちょっと手間取りましたが、無事に立ち上がりました


2019y03m29d_234734628


速度はというと、元々のCPUがcore2duoなのでメインパソコンの時ほどの感動はありませんでしたが、それでも立ち上がりは早くなりました。


SSDを知らなかったらとっくに処分していたであろうパソコン、まだまだ頑張ってもらおうと思います




※使用したSSD

120GB SSD 内蔵型 SUNEAST サンイースト TLC 2.5インチ 7mm厚 SATA3 6Gb/s R:530MB/s W:400MB/s SE800-120GB ◆メ
120GB SSD 内蔵型 SUNEAST サンイースト TLC 2.5インチ 7mm厚 SATA3 6Gb/s R:530MB/s W:400MB/s SE800-120GB ◆メ


 


スポンサーリンク

ポケモンの腕時計のベルトを自分で調整してみた



あなたは普段、腕時計はしますか?

腕時計を実店舗以外で入手したとき、自分で調整が必要になるのが金属ベルトの腕時計ですよね


私も以前、オンラインクレーンゲームのログインポイントをコツコツ貯めてポケモンの腕時計を獲得しました。

IMG_20190317_121642

まあ、ゲームの景品なので安物ですが、小物入れにも使える缶ケース入りで思ったよりはいい感じでした


さっそく取り出して腕にはめてみたのですが、ベルトの幅が最大になっていてブカブカ

しかし、わざわざお店でお金を出して調整を依頼するのもアレなので、自分でやってみることに…


まずネットで調べたら、このタイプの腕時計は留め具の部分をずらすだけで調整できるとのこと。

IMG_20190317_121035

ネットの解説を見ながら、家にあったピンでバネ棒をずらしてみました。

しかし、この部分をいっぱいに縮めてもなおブカブカ


仕方がないので、余分なベルトのピンを外すことに…

IMG_20190317_120836

悪戦苦闘の末、ようやく自分のサイズにぴったりになりました


私は家にあった工具(ハンマー、ピン、ペンチ)を使ってなんとか自力でやりましたが、ベルトを固定するのが大変でした


不安定な状態ではケガをしたり時計を傷つけてしまう恐れがあるので、自分でやる場合はこのような固定できるものを使ったほうがいいですね。



ちなみに100均のダイソーに行けば、腕時計の調整工具セットが300円で売っているので、手軽に自分で調整したい方はそちらをおすすめします


クレーンゲームには、この手のキャラクター腕時計の種類が豊富です。

さすがに防水性はありませんが、電池交換も簡単にできそうです。


こういう腕時計は使い捨てと割り切って、日替わりで使うのがベスト!

金属ベルトの調整は、自分でやってみてはいかがでしょうか?







スポンサーリンク

激重パソコンのHDDをSSDに換装したら見事に復活!



昨年末、突然パソコンが激重になり、慌てて注文した部品が年末の繁忙期でなかなか届かないという記事を書きましたが、結局4日後に無事受け取りました


今回は寿命を迎えたハードディスク(HDD)の替わりに、速度が速いと言われるSSDを取り付けることに…


SSDはHDDに比べると高価ですが、最近だいぶ価格が下がってきたので躊躇わずに買えました。

といっても、SSDに換装するのは初めてだったので、写真付きで解説している方のサイトをサブ機で見ながらの作業です



まず用意したのが、SSDとSATAケーブル、変換ブラケット(取り付け金具)です。

IMG_20181227_132743


今までのHDDは1TBでしたが、今回選んだSSDは360GB。

容量はかなり減りますが、実際そんなに容量は必要ないのと、SSDのコストの関係から考えたら私には360GBがベストでした。


さっそくSSDにSATAケーブルをつなぎ、フリーソフトを使ってHDDのデータをSSDにコピーしてクローンを作成。

(もちろん、万が一のため重要なデータはあらかじめ外部にバックアップ済み)

IMG_20181228_102327

私の場合、コピーになんと10時間もかかってしまいました


結局その日の換装はあきらめ、

翌朝コピーが完了したのを確認してから電源を落とし、まずはパソコンの裏ぶたを外しました。

IMG_20181228_103753

写真は掃除した後ですが、長年のホコリが大量についていました


ホコリを取り除いた後、台座とHDDを外し、台座に変換ブラケットを取り付けてSSDを装着!

…しようとしたのですが、

液晶一体型パソコンのためか、台座のケーブルの差し込み位置がブラケットと合わなくて差せない


テンぱって写真撮るの忘れましたが、、

結局、変換ブラケットを使わずに両面テープでくっつけて何とか換装作業が終了しました。(ブラケットが無駄になった



裏ぶたを元に戻し、パソコンが無事に立ち上がったのを確認して再びフリーソフトでディスクの点検をすると、超健康になっていました(笑)

SSD健康状態


SSD換装は素人の私でも出来たのでそんなに難しくありませんが、ちょっと面倒くさいかもです


まあ、通常はHDDの寿命が来たら新しいパソコンに買い換えると思いますが…

低コストで古いパソコンを再生したいなら、SSD換装はおすすめです

私の場合、換装にかかった費用はSSDとケーブル、ブラケット(使わなかったけど…)を合わせて約6,000円ほどでした。


取り付け後さっそく使ってみましたが、今までの不具合が解消されたのはもちろん、びっくりするくらい動きが速くなりました

あと数年はこのパソコンに頑張ってもらおうと思います。



※参考までに…

使用したSSD

360GB SSD 内蔵型 SUNEAST サンイースト TLC 2.5インチ 7mm厚 SATA3 6Gb/s R:530MB/s W:450MB/s SE800-360GB ◆メ


感想(24件)




使用したケーブル

SATA-USB 3.0 変換ケーブル 2.5インチ SSD/HDD用




使用したブラケット

オウルテック 2.5インチHDD/SSD用→3.5インチサイズ変換ブラケット ネジセット付き ブラック OWL-BRKT04(B)





スポンサーリンク